お知らせNEWS

新型コロナウイルス感染予防への取り組み

2020.11.04

屋外のフィールドで楽しむスノースポーツは、大自然の新鮮な空気の中で、3密を気にすることなく楽しめる素晴らしいものです。


私たちは、新しい生活様式の実践に向けて発表された「新北海道スタイル」並びにWHOや厚生労働省などの発表に基づいた感染防止予防対策を実施し、お客様がより安心・安全に楽しめる環境をご提供します。


また、常に情報の収集を行い、スキー場営業期間中においても、対策の変更、強化を図ってまいります。




『お客様にも感染予防の協力をお願いします。』




 

■リフトチケット売り場
1.販売窓口にアクリル板を設置した飛沫防止
2.現金のキャッシュトレーでの対応
3.クレジットカード端末へのお客様側の差し込み
4.キャッシュレス決済利用の促進
5.ソーシャルディスタンスを意識した、お客様の間隔の確保


■レンタルショップ
1.直接肌に触れる用品(帽子、ヘルメット、手袋、ゴーグル)の貸出を止める
2.用品の除菌消毒の徹底
3.アクリル板設置による受付、会計時の飛沫防止
4.キャッシュレス決済利用の促進
5.ソーシャルディスタンスを意識した、お客様の間隔の確保


■ロッカー、更衣室
1.小まめな換気
2.出入口にアルコール消毒液の設置
3.手の触れる箇所の定期的な除菌消毒
4.状況による人数制限の実施
5.ソーシャルディスタンスを意識した、お客様の間隔の確保


■トイレ
1.定期的な清掃、除菌消毒
2.ハンドドライヤーの使用禁止


■センターハウス内インフォメーション
1.アクリル板設置による受付、会計時の飛沫防止
2.キャッシュレス決済利用の促進
3.ソーシャルディスタンスを意識した、お客様の間隔の確保


■スクール
1.アクリル板設置による受付、会計時の飛沫防止
2.キャッシュレス決済利用の促進
3.インストラクターはマスク着用もしくはネックウォーマーなどを口鼻まで上げて着用
4.ソーシャルディスタンスを意識したお客様の間隔の確保、インストラクターとお客様との間隔の確保
5.教育旅行等のグループレッスンは学校・主催者の意向を留意


■リフト乗車
1.ソーシャルディスタンスを意識した、お客様の間隔の確保
2.不要な会話を協力控える徹底


■レストラン
1.アクリル板設置による会計時の飛沫防止
2.テイクアウトの推奨、屋外テラスでの飲食場所の確保
3.ソーシャルディスタンスを意識した、お客様の間隔の確保
4.状況による人数制限の実施
5.キャッシュレス決済利用の促進
6.出入口にアルコール消毒液の設置
7.券売機等、手の触れる箇所の定期的な除菌消毒


■プロショップ
1.アクリル板設置による会計時の飛沫防止
2.キャッシュレス決済利用の促進
3.ソーシャルディスタンスを意識した、お客様の間隔の確保


■パトロール室
1.ソーシャルディスタンスを意識した、お客様の間隔の確保
2.応急処置時のビニール手袋、マスクの着用
3.使用後の救助用具の除菌消毒


■施設全般
1.不特定多数のお客様が利用される場所に消毒液を設置
2.定期的な拭き上げ消毒
3.小まめな換気
4.マスクの着用


■従業員・サービススタッフ
1.手洗い、うがい、手指消毒、マスクの着用、咳エチケットの徹底
2.勤務前の検温の徹底
3.体調不良時の申告
4.十分な睡眠などによる健康管理
5.ソーシャルディスタンスを意識した間隔の確保


■お客様へのお願い
1.37.5℃以上の発熱が確認された場合はご来場をお控えください。
2.マスク(ネックウォーマー、フェイスマスク含む)の着用をしてください。
3.ソーシャルディスタンスを意識した間隔の確保にご協力ください。
4.密集場所での会話を極力お控えください。大声の発声はお控えください。
5.手洗い、うがい、手指消毒、咳エチケットの徹底にご協力ください。


■感染発症の際の対策
小樽市保健所と連携を図り、指導を仰ぎ、隔離等の体制を引きます。

ページトップへ